ケーズカーサは注文住宅・戸建やマンションの
リフォームなどを中心とした建築会社です。

Maintenance

保証アフターメンテナンス

基準

自己所有の専用住宅に供するケーズカーサ施工の新築住宅に限定させていただきます。

事項

御引渡しをしたお住まいについて、保障内容にいづれかが該当する事項発生した場合、速やかに当社にお申し出ください。
当社は、その現象・事項を確認した後、当社がそれを認めた場合所定の方法により、無償で該当部分の取替え又は修復をいたします。
ただし、取付当初の物が市販されていない場合は、相似の物を使用させていただきます。

期間

別紙保証内容に記載した、保証期間は御引渡しの日から起算した、それぞれの保証期間経過日までとなります。
尚、保証期間の経過後であっても、改修等のお申し出につきましては、お見積りの提示から工事の実施までを速やかに行うこととし、
アフターサービスに努めます。

維持管理

取扱説明書・機器メーカーの説明書に示された正しい取扱い管理をお願いします。
お手入れには、お客様ご自身でも簡単に行えるものと、専門業者に依頼されて修理するものがありますが、
いずれの場合もお気づきになった時点での的確な処置を施すことが肝要です。

除外

①賃貸借用物件
②第3者に譲渡した物件
③商業用建物
④未収残金がある場合

免責事項

当社扱いにより、譲渡・増改築をした物件については、名義書き換えの上残期間の保証をさせていただきます。

保証の継承

保証期間内であったとしても、以下のような場合は、適用を除外させていただきます。
1.当社の関与しない増改築、補修、改装、造園、設備工事によるもの。
2.未曽有の台風、豪雨、豪雪、極度の地震、水害、天災など当社がいずれにも責の無い
自然災害に起因し、近隣住宅と同程度の被害を受けたもの。
3.敷地の周辺にわたる地すべり・地割れ・断層等、地盤や地形の変異によるもの。
4.使用者または第3者の故意または過失に起因するもの。
5.摩擦・汚れ・褪色・変色・乾燥収縮など材料の特性、通常の経年劣化に対するもの
6.契約時に実用化されていた技術では予測不可能な現象、またはこれが原因で生じた事故によるもの。
7.建物の使用上影響のない居住性能移関するもの

なお、以上に定めの無き事項については当事者間において誠実に協議し処理するものとします。

pagetop

Guarantee of housing 住宅の保証(短期保証)

住宅長期保証は、品確法にて基本構造部分(基礎・柱・床・屋根等)と雨水の浸入を防止する部分について
10年保証が義務付けされ、瑕疵判断の技術的基準が告示で定められています。
法律で定められている長期保証以外のその他の保証については、下記に示す住宅性能保証機構の短期保証を基にK's casaでは対応しています。

一般短期保証内容
保証対象部分 保証期間 短期保証基準
土工事 盛土,埋戻し及び
整地を行った部分
2 年 盛土、埋戻し及び整地を行った部分は、
沈下、陥没、隆起、敷地の排水不良等の事象が生じ、使用上の不都合をきたしてはならない。
なお、これらの部分に多少の沈下等が生じるのは避けられず、住宅の品質又は性能を損なうものではありません。
コンクリート
工事
アプローチ,ポーチ,
玄関土間,犬走り,テラス等,
主要構造部以外の
コンクリート部分
2 年 アプローチ、ポーチ、玄関土間、犬走り、テラス等のコンクリート部分は、
著しい沈下、ひび割れ、不陸、隆起、主要構造部とのはだわかれ等の事象が生じてはならない。
なお、盛土、埋戻し部分のアプローチ、ポーチ、玄関土間、犬走り、テラス等に
多少の沈下等が生じるのは避けられず、住宅の品質又は性能を損なうものではありません。
木工事 床、壁、天井、屋根、
階段等の木造部分
2 年 木造部分は、木材の変形、変質により著しいそり、すきま、割れ、きしみ等の事象が生じてはならない。
なお、木材は年月の経過により収縮するものであり、羽目板、縁甲板、巾木等に多少のすきまができるのは
やむをえないことであり、住宅の品質又は性能を損なうものではありません。
ボード、
表装工事
床、壁、天井等のボード、
表装工事による部分
2 年 ボード、表装工事部分は、仕上材の剥離、変形、変質又は著しい浮き、すき、しみ等の事象が生じ、
その機能及び美観を損なってはならない。
建具、
ガラス工事
外部及び内部建具 2 年 建具又は建具枠は、変形、腐食等の事象が生じ、開閉不良、がたつき等による機能低下をきたしてはならない。
外部建具は、建具から雨水が流入してはならない。
左官、
タイル工事
壁、床、天井等の
左官工事部分
2 年 モルタル、プラスタ一、しっくい等の仕上部分及びタイル仕上げの目地部分は、
剥離、変退色、著しいひび割れ等の事象が生じ、その機能及び、美観を損なってはならない。
なお、これらの部分に軽微なひび割れが生じるのは通常避けられず、住宅の品質又は性能を損なうものではありません。
組積工事 コンクリートブロック、
れんが等の組積による
内・外壁
2 年 組積工事の目地部分は、亀裂、破損、仕上材の剥離等の事象が生じ、その機能及び美観を損なってはならない。
なお、これらの部分に軽微なひび割れ、組積表面の軽微な段差、凹凸は通常生ずるものであり、
住宅の品質又は性能を損なうものではありません。
塗装工事 塗装仕上面
(工場塗装を含む。)
1年6ヶ月 塗装仕上面は、白樺、はがれ、亀裂等の事象が生じ、耐久性及び美観を損なってはならない。
屋根工事 屋根仕上部分 2 年 屋根ふき材は、著しいずれ、浮き、変形、腐食、破損等の事象が生じ、その機能及び美観を損なってはならない。
防水工事 浴室等の水廻り部分及び
外壁開口部取付け等の
シーリング部分
2 年 浴室等の水廻り部分は、タイル目地の劣化 防水層の破断、
水廻り部分と一般部分の接合部の防水不良等により、通常の使用状態で水漏れが生じてはならない。
外壁開口部取付シーリング等の部分は、シーリング材の施工不良による劣化等により、
雨水がこれらの部分から浸入してはならない。
断熱・
防露工事
壁、床、天井裏等の断熱、
防露工事を行った部分
2 年 壁面、押入れ、床下等は、水蒸気の発生しない暖房機器の通常の使用により、結露水のしたたり、
結露によるかびの発生等の事象が生じてはならない。
防虫処理
工事
軸組、壁等の防虫処理
を行った部分
2 年 軸組、壁等の防虫処理を行った部分は、白あり、ヒラタキクイムシ等の食害により、損傷等が生じてはならない。
なお、これらの食害を完全に防止することは困難です。
錺金物工事 とい 2 年 といは、脱落、破損、たれ下り、著しい腐食等の事象が生じ、その機能を損なってはならない。
水切、雨押えの金属板 2 年 水切、雨押えの金属板は、継手のはがれ、浮き、著しい腐食等の事象が生じ、
下地材への雨水の浸入防止機能を損なってはならない。
電気工事 配管、配線 2 年 配管、配線は、接続・支持不良、腐食、破損等が生じてはならない。
コンセント、スイッチ 1 年 コンセント、スイッチは、取付不調、作動不良等が生じてはならない。
給水・給湯・
温水暖房工事
配管 2 年 配管は、接続・支持不良、電食、腐食、折損等の事象が生じてはならない。
配管は、結露により他の部材を著しく劣化させてはならない。
蛇口、水栓、トラップ 1 年 蛇口、水栓、トラップは、取付不調、作動不良等が生じてはならない。
厨房・衛生器具 1 年 厨房・衛生器具は、取付不調、水漏れ、排水不良、破損、作動不良等が生じてはならない。
排水工事 配管 2 年 配管は、勾配、接続、固定不良等による排水不良又は地盤沈下により、折損、漏水の事象が生じてはならない。
配管は、結露により他の部材を著しく劣化させてはならない。
汚水処理
工事
汚水処理槽 2 年 汚水処理槽は、槽のひび割れ、腐食による漏水又は不同沈下により機能不全の事象が生じてはならない。
ガス工事 配管 2 年 配管は、接続・支持不良、腐食、破損等が生じてはならない。
ガス栓 1 年 ガス栓は、取付不調、破損、作動不良等が生じてはならない。
雑工事 小屋裏、軒裏及び
床下の換気孔
2 年 換気孔は、脱落、つまり、著しい腐食等の事象が生じ、雨、雪、鳥、ねずみ等の
浸入及び換気性能の低下をきたしてはならない。
めがね石 2 年 めがね石は、脱落、絶縁不良等が生じてはならない。

pagetop

Maintenance of housing 住宅のメンテナンスに関して

住まいは日頃のちょっとした手入れさえおこたらなければ、長い間快適に住めるものです。
そのためにも、掃除などの他に定期的に点検を行うことが望まれます。
こまめに気を配っていれば、それだけで補修費用をかなりおさえることができます。点検時期は下記をおおよその目安にして下さい。

点検部位 点検時期 主な点検項目 取替・補修の目安
外まわり 基礎 5~6年ごと 割れ 蟻道 不同沈下 換気不良 -
外壁 3~4年ごと 腐朽 さび 割れ 浮き コーキング破断 15~20年位
屋根(目視) 4~6年ごと ずれ 割れ 浮き さび 20年~30年位
雨樋 2~3年ごと 詰まり はずれ 垂れ ひび 7年~8年位
軒裏 2~3年ごと 腐朽 雨漏り はがれ たわみ 15年~20年位
バルコニー 3~5年ごと 手摺ぐらつき 腐朽 さび 割れ 浮き 不陸 20年~30年位
塗装・吹き付け 3~5年ごと 色あせ 損傷 15年~20年位
サッシ 2~3年ごと さび 破損 コーキング不良 建て付け 15年~30年位
室内 - 傾き 腐朽 浮き 沈み 床鳴り -
壁(室内側) 10~15年ごと 傾き ちり切れ 浮き しわ 変色 汚れ -
天井 垂れ ちり切れ 浮き しわ 変色 汚れ -
階段 沈み 膨れ ちり切れ 浮き しわ 手摺ぐらつき -
内部建具 2~3年ごと 開閉不良 隙間 破損 10年~20年位
収納建具 開閉不良 隙間 破損
玄関扉・サッシ 開閉不良 隙間 破損 10年~30年位
雨戸・網戸 さび 建て付け不良
窓枠 さび 雨漏り -
設備 給水管・水栓金具 1年ごと 水漏れ パッキンの消耗 赤水 15年~20年位
排水管・トラップ 水漏れ 詰まり 悪臭
キッチンシンク 水漏れ 腐食
洗面設備 水漏れ 腐食 割れ
トイレ 水漏れ パッキン等の消耗 割れ
浴室 水漏れ 割れ 隙間 汚れ 10年~15年位
ガス管 1年~3年ごと ガス漏れ ゴム管の老朽 15年~20年位
給湯器 水漏れ ガス漏れ 機器の異常
換気設備 1年ごと 作動不良
電気設備 スイッチ作動不良 スイッチ・コンセント破損
Contactお問い合わせ/カタログ請求
  • 0120-691-305
  • Contact/Catalog